給与差し押さえ対応ガイド ※会社にばれるか心配な方へ

銀行口座差し押さえ…でもお金を払えない!そんな時は?

借金返済滞納が原因で銀行口座が差し押さえに…。
でもお金がなくて返済できない…。

 

そんな時は、借金が減額できるかどうか匿名・無料で診断を!
また、あなたに最も合った借金解決方法もわかります。

 

(※借金の場合のみ。税金などの滞納の場合はこちらでは対応できません)

 


【匿名無料】借金減額シュミレーター

 

銀行口座が差し押さえられたら今すぐ対処を!

銀行口座差し押さえを解除する方法は以下の2つのみです。

①借金を全額一括返済する
②一括返済が出来ないなら債務整理をする

※税金滞納などによる差し押さえは債務整理では解除できません。一括支払いをするか役所に問い合わせてください。

 

①借金を全額一括返済して解除する場合

一括返済するお金があるなら一刻も早く返済してください。一括返済しない限りは差し押さえが続いてしまいます。

②一括返済が出来ないので債務整理をする場合

この場合の債務整理とは、自己破産か個人再生のどちらかになります。

 

この場合も早く着手することが重要です。なぜなら、債務整理の依頼は無料ではないからです。このまま差し押さえが続いてどんどん金銭的に厳しくなってしまうより、金銭的余裕のあり債務整理費用を払えるうちに依頼する必要があるためです。

 

差し押さえは一刻も早く着手する必要があるため、依頼する司法書士事務所も迅速に確実に選ぶ必要があります。当サイトでは、債務整理を依頼する際に外すことの出来ない3つのポイントをクリアした司法書士事務所をピックアップしました。

 

債務整理の実績が豊富である
24時間365日、もしくは土日も相談を受け付けている
はじめは無料相談に応じてくれる

 

相談する前にまずは借金減額・解決シュミレーションを!


【匿名無料】借金減額シュミレーター

 

早期解決をお祈りしております!

 

銀行口座差し押さえの対処法は?

銀行口座差し押さえには大きく分けて2種類あります。
①税金や国民健康保険などの未納による差し押さえ ②借金の返済滞納による差し押さえ どちらが原因での差し押さえかによって対処法は変わってきます。
税金や国民健康保険などの未納によって差し押さえられた場合、差し押さえを予告する旨の督促状が届いたら督促状には「このまま税金(国民健康保険)の納付滞納が続くと差し押さえをする」という内容が書かれていると思います。督促状が届いた時点ではまだ差し押さえは執行されていませんが、無視を続けると本当に差し押さえられる可能性が高まります。督促状に記された期日までにきちんと支払う、もしくは支払う意思があることを先方にきちんと伝えることで差し押さえを回避出来ます。期日が記されていない場合は、とにかく少しでも早めにアクションを起こしてください。
借金返済滞納が原因で差し押さえられた場合
借金返済滞納が原因で差し押さえられた、もしくは差し押さえを予告する旨の通知が届いた場合の対処法は2通りだけです。①の借金を全額一括返済するという方法をとる場合は、とにかく一刻も早く先方に連絡をして全額返済してください一括返済するのは厳しいという場合、残された手段は債務整理のみです。債務整理には色々な種類がありますが、その中でも差し押さえ対策のためには自己破産か個人再生をすることになります。債務整理に強い弁護士にすぐに相談を!
差し押さえのように解決に一刻を争うような場合は、とにかく早めに債務整理に着手することが大事です。債務整理に特化していて実績が多数ある法律事務所にすぐに相談しましょう。こちらの診断ツールは、債務整理に強い弁護士さんが在籍していて、24時間365日全国対応で無料相談を受け付けているところを、自分の住んでいるところの最寄りで診断してくれるので、早く確実に差し押さえの解決をしたい方におすすめです。


【匿名無料】借金減額シュミレーター

税金や養育費、借金など支払いを請求されているのに何の連絡もせずに放置しておくと、銀行口座差し押さえをされることがあります。口座に入っている金額から、強制的に不足している金額が引き落とされます。差し押さえが終わった後に、執行したという書面で連絡がくるので、差し押さえに気づいた時には口座にお金が残っていないことになります。確実に口座にお金が入っているという事で、給与が支払われた時に差し押さえられることが多くなります。督促状が来た時点で債権者に連絡し、お金を支払う意志があることを伝えないと差し押さえが実行されてしまいますまた口座に新たなお金が入金された場合も、強制的に引き落とされて滞納したお金の返済にまわされます。差し押さえをした債権者に早めに連絡をとって、滞納したお金を返す方法を考えることが大切です。借金の場合には弁護士に依頼して債務整理を行なうことで、お金を返しやすくすることができます。また税金なども払う意志を示せば分割払いにしてもらうことで支払いをしやすくすることもできます。できれば差し押さえに至る前の督促状が来た時点で弁護士に相談するのがベストな選択です。一番悪いのは督促状を無視して、何の行動も起こさないことです。差し押さえや借金問題を主要業務としている法律事務所をご紹介します。こちらは無料相談を24時間365日受け付けているので、今すぐにコンタクトをとって回避法・対処法について相談してください。

債務を滞納しているとそのうち口座の差し押さえが行われてしまいます。差し押さえを受けると口座からお金を引き出すことが出来なくなり、返済するまでの間口座のお金は完全に凍結された状態となります。この状態を解消する方法はとにかく返済するしかないのですが、難しい場合もあるのでよく考えてください。口座の差し押さえが行われる場合、基本的に債務を返済しないでそのままにしている状態から始まります。この時にお金を貸している会社から返済するように求められますが、これを無視していると口座の差し押さえというものに踏み切られます。会社側は裁判所へ手続きを行い、口座の差し押さえをすることを要請します。認められた場合は差し押さえをする旨が本人の下に行き、最終的に執行されるのです。この状態になってしまうと既にお金を引き出すことが不可能となってしまうため、まずは差し押さえ前に口座のお金を全て引き出してください。そしてその金額から返済に充てられる物があれば使って返済するのです。これでも完済出来ない場合は弁護士に相談して債務整理をすることとなります。債務整理さえすれば口座の差し押さえは解除され、今まで通りの利用が可能となります。