給与差し押さえ対応ガイド ※会社にばれるか心配な方へ

差し押さえを回避するのは無理?

 

住宅ローンを3ヶ月滞納すると一括返済するよう求められます。

 

もし一括返済できないときは、
マイホームは差し押さえられて競売にかけられてしまいます。

 

何らかの理由で住宅ローン以外の借金で困っており、
その借金が減額されれば住宅ローンは支払いが続けられる。

 

そういった時は個人再生という債務整理の手続きを行うと、
マイホームの差し押さえを回避することが出来ます。

 

個人再生は裁判所に申し立てを行い、
債務を大幅に免責してもらって、原則3年で返済をしていきます。

 

借金額に応じて最低弁済額が変わる仕組みになっていて、
300万円の借金の場合は返済額は100万円まで減額されます。

 

安定した収入がないと利用することが出来ませんが、
アルバイトやパートでも安定した収入を得ていれば利用することが出来ます。

 

自己破産ではマイホームは差し押さえられますが、
個人再生では住宅資金特別条項というものがあって、
マイホームを残したまま手続きを行えます。

 

その代わりに今まで通りに住宅ローンの返済を続けることが条件になっています。

 

住宅ローンを長期間滞納していると、
住宅資金特別条項が利用できなくなりますので、
お早めに借金問題の専門家である弁護士に相談してみて下さい。
ご依頼された時点で債権者からの取り立ても止みます。

 

当サイトのおすすめ弁護士・法律事務所については
差し押さえならどの弁護士? ※借金問題に強い法律事務所はここ!
のページでご紹介しています。