給与差し押さえ対応ガイド ※会社にばれるか心配な方へ

滞納による物件の差し押さえについて

家を購入する際には銀行などから住宅ローンを借りる場合が多いです。住宅ローンを組む際には必ず対象物件を担保に設定します。ローンの担保になっていると言うことは、ローンの返済が出来なくなったら担保である物件を売却して、ローンを返済する必要があります。
一般的には住宅ローンの返済を2ヶ月滞納すれば、銀行から代位弁済手続き開始の予告という通知が届きます。代位弁済とは銀行に対する債務を保証会社に変わりに支払ってもらうことです。そうなりますと銀行にとっては債権がなくなりますので取り立てを行う必要はなくなりますが、今度は保証会社が債権者となり債務の取り立てを行うことになります。
もし3ヶ月滞納してしまいますと代位弁済手続きが開始されます。保証会社から一括返済を促す通知が来てしまいますので、一括返済出来なければ物件は競売にかけられることになります。
保証会社が競売の申立を行って、裁判所に受理されて競売開始が決定がされると、対象物件には差し押さえの登記がなされます。差し押さえされますと、債務者は勝手に売却などすることが出来なくなります。
その後は競売価格が決められて、入札が行われ購入者を決定します。購入者が期限内に代金を一括で支払えば、物件の所有者は競売での購入者になりますので、債務者は直ちに立ち退かなければいけません。そして最終的に支払われた代金が債権者に配当されます。
これが住宅ローンの滞納から物件の差し押さえを経て、債権が回収される一連の流れとなっております。差し押さえられる前に債務整理を行い、借金額を減らして完済する方が現実的にはいいのかもしれません。債務整理については無料相談や、返済までのシュミレーション等無料のサービスもあります。